«

»

7月 05

素材と通気性を考えた医療用かつらの選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療用のかつらは様々な規格をクリアして作られているタイプのかつらになるので、一般的なファッションウィッグに比べると安心感はあるかと思いますが、全て安心できるのかというとそうではありません。安心して適当にかつらを選んでしまうと失敗の恐れもあるので、そうならないためにもここでは医療用のかつらを選ぶときに考えたい2つのポイントをお伝えします。

まず1つ目は治療中の肌にやさしい素材であるかどうかをチェックしましょう。
治療中の頭皮の皮膚は特に敏感になっており、素材によって刺激を与えてしまうと、かぶれて痒みが発生してしまう恐れがあります。
なるべく選ぶときには長時間着用しても問題がない肌にやさしい素材を使用している医療用のかつらを選ぶのがポイントです。

続いて2つ目は通気性も考えた選び方をしましょう。
医療用のかつらは地肌に直接触れるので、通気性について考えないと快適に着用することができなくなります。
特に熱がこもってしまうタイプはムレてしまい、汗などで雑菌が溜まりやすくなり、皮膚に異常が発生する可能性もあります。
そうならないためにも通気性は重要になるので、通気性について工夫して作られている素材であるかというのもチェックして選ぶといいでしょう。